頭頂部が禿ていると目立ちます(T_T)

頭頂部の禿って嫌ですよね。なので、ネットで見つけたこういうのを体験しみました。
→ http://www.xn--tqq780ejjougx.net/

人は人と話しをする時、相手の目や顔を見て話しをします。そのため、自然と髪に目がいきます。なので頭が薄毛や禿げだと、恥ずかしいです。私のような背が低いとなおさらです。だって、人は第一印象がとても大事ですからね。

私は若い頃から頭の真ん中に小さい禿げがありました。他の人が私の方を見て笑っていると、禿げを笑っているのかと勝手に考えてしまいます。禿げを治すために、インターネットで口コミがいい育毛剤や育毛シャンプーを購入し、半年ぐらい使用しましたが、効果はありませんでした。禿げが恥ずかしいので、仕事がない休日は、ニットやキャップを被り外出しています。冬は温かくていいですが、夏は暑くてキツイです。蒸れて頭皮に悪いような気がします。帽子で禿げを隠しても、飲食店に入ると帽子を取らなくてはいけません。帽子を被り食事をする事には抵抗があります。飲食店に入り座ると、他人の目が一段と気になります。私は座っているので、近くを通る人に頭を見られます。通る人は私の頭など見ていないと思いますが、やはり恥ずかしいです。完全に被害妄想です。禿げが嫌なので、私は坊主にしました。元々、スポーツ刈りだったので、余り抵抗はなかったです。頭の形が良かったため、回りからも坊主似合うと言われ満足しています。坊主すると、禿げが目立たなくなりました。

自分の時間を確保するには

社会人になると自分の時間って、なかなか確保できません。そこで、私なりの自分の時間の確保の方法を考えてみました。まず、テレビ。これはもう害悪しかないと思います。まず勝手に情報が流れてくる仕組みに自分が完全に取り込まれていますから、主導権を握られていることになります。なので、テレビは完全にシャットアウトです。知り合いでも起業した人とかはテレビを処分したそうですし、資格試験(司法試験)に合格した先輩とかもテレビは売ったそうです。なので、自分の時間を確保するには、テレビはなくさないとということになります。
また、年末年始などはテレビに支配されやすいです。紅白歌合戦とかお正月番組とか、、たしかに観始めると途中でやめるのは困難です。けど、一歩離れてみると、どうってことないのです。私は数年前から年末の紅白歌合戦は観ていません。とはいえ、別のクイズ番組を観ているので、微妙ですが、これも毎年見ているからという理由だけです。あと箱根駅伝とかも同じです。観始めると途中で辞められませんが、別に見なくてもどうということはありません。
このように自分の時間を確保するには、まずテレビとの縁をいかに切るか!ということからはじめるべきだと思います。
そんな私も、今年は意を決して、自分を律しようと思っていますが、もはや後半です(^_^;)。

自信を得られたのが包茎手術でした(^O^)

包茎手術は男性の自信を作り上げてくれる外科手術です。
つくづくそう思いました☆

包茎手術を受けるまでは、色々な不安や恐怖と言うものが有りました。
また、不安や恐怖を感じるのは女性不信になりそうになっていたので、このようなことが起きていたのかもしれません。(゚∀゚)

包茎と言うのは病気では有りませんが、不衛生になる事や性行為を行う際に問題になるなどのデメリットが有ります。
不衛生と言うのは包茎の症状により起きることなのです。

自分の場合は仮性包茎と呼ばれる症状で、多少なり鬼頭部分は露出はしていますが、大半は皮がかぶっており、内側部分は白いカスなどがたまり易い状態になっています。
皮を剥くことで鬼頭を露出させて綺麗に洗えるのですが、皮を抜こうとすると痛みが走るため、綺麗に洗うことが出来ないのです。
また、白いカスは酸化する事で嫌な臭いが発生してしまい、これが不衛生に繋がると感じているのです。

また、亀頭部分が露出をしていないため、皮を剥く事で傷みが生じます。(T_T)
これにより性行為を行う際に痛みを持つなどのデメリットを生じさせてしまうのです。

これ等のデメリット要素を克服すべく、ネットで情報収集しながら、
→【包茎手術名古屋
包茎手術を受けることを決意したのです。

しかし、手術は痛みがあるのではないか、病院での手術は恥ずかしいものである、そして包茎手術を受けることが家族などにばれたりしないかなどの不安が多くあり、中々手術を受けることが出来なかったのも事実です。

インターネットのクチコミなどでも同じような人が多くいたのですが、クチコミにもあるように、自信を作るためも包茎手術は受けるべきとあり、勇気を振り絞り病院での包茎手術を受けることにしたのです。

今はほんとうに手術してホッとしています。もう大丈夫です☆

安心して彼女と泊まりたいので

ずっとコンプレックスだったのですが、とうとう包茎手術をしたんです。今は、もうすっかりなじんでいます。手術も傷が目立たない術式でしたので安心して温泉などにも入れます。高校時代から長年、悩んでいて、なかなか思い切ることができませんでした。というのも、仮性包茎でしたので、特別手術が必要というわけだったからです。

ふだんは皮をかぶっていますが、いざっていうときには、ちゃんと機能していたわけでしたから、自分でも包茎手術をしなくちゃいけないというほどまで追い込まれていたわけではありませんでした。
ただし、やっぱり、自信を持っていられるというほどではなかったのです。とくに女性に対しては、どうしても自分が仮性といえども包茎ということで、コンプレックスを感じていましたし、あまり積極的にお付き合いをしようとも思っていませんでした。とはいえ、年齢的にも20代後半にさしかかり、そろそろ結婚を考えだしたときに、やっぱり女性にたいしては、包茎であることはちょっと嫌だなって思うようになったんです。

それに、そのころに彼女もできたというのがあって。。。彼女にきちんと打ち明けるべきかどうかずいぶんと悩みました。もしかしたら、僕が包茎だってことを知ったら、別れを切り出されるかもしれないという不安もあって、なかなかいえませんでした。なので、こっそりと包茎手術をしてしまおうと考えたんです。

そして、同じ手術をするなら、手術後も手術跡から包茎手術をしたんだなってことに気づかれたくなかったので、クリニックで、手術跡の目立たない包茎手術をしたんです。今は、人知れずとはいえ、包茎手術をして、良かったです。なんせ、今度彼女と一泊二日で温泉旅行に行くことになったからです。貸し切りの露天風呂もあるので、当然いっしょにお風呂に入る機会もありますからね。

そのときにも、絶対に包茎手術の手術跡には気づかれない自信があります。それくらいきれいに手術してもらったので。全く不安もありませんよ(^O^)

参考にしたのは、
→「abcクリニックで手術跡が目立たない包茎手術ならこれがいい

人と比較してしまうこと

悪い癖として、人と比べてしまうことがあります。これはいけないですよね。つい、人と比べてしまうのです。それも、比べてもしかたがないこと、をです。例えば、身長、学歴、収入、資格の有無、親の職業、、、、あと持ちものとか。典型的な見栄っ張りですよね。だから、今までの私は、どうしようもなかったんです。何でも比較して、自分よりも劣る人を見ては、安心していた(^_^;)そんなわけだから、素敵な人が見つかるわけがありません。おかげで、結婚し遅れ!今に至るわけです。そろそろ自分の足元をしっかりと見なおさなくてと思い、そういう比較をやめました。あくまでも自分は自分。比較する対象は、自分のみ。去年の私より、昨日の私より、今、このいっしゅんにどれだけ成長できた自分がいるか。これです。たしかにやってみるとなかなか簡単にはいかないけど、でも、これにより気持ちにもゆとりがててきました。競争がだめってわけではないですけど、競ってもどうしようもないことで、競っても、かえって疲れるだけってことに遅ればせながら、気付かされました。それはある人からの指摘でです。何でもそうやって人と比較してるけど、それで自分はどうなのっていうようなニュアンスで言われたので、かなりショックでした。けど、それではっと気づきました。私って、なんて小さい人間なんだろうかってね。それまでも自分を振り返ると本当に恥ずかしいことばかりしていました。

なので、今は、そういうことにはまるで興味がうせてしまって。人と比べてどうなのかってことよりも、自分がどれだけ満足できているかってことに重きを置けるようになりました。なので、今はほんとうに毎日が充実しています。変なストレスも感じなくなりました。競うってことから解放されたら、こんなにも肩の力が抜けて、リラックスできるんだって、今更ながら思い知った今日このごろです。

今は、自分の感性を信じて買い物とかも楽しんでいます。趣味の方も、そうです。流行とかではなく、自分の意志でやっています。今は、料理ですけどね。今までがあまりにも下手だったので。。。。